QLOOKアクセス解析

猫 体臭

猫の体臭

猫に体臭は基本的にほとんどありません。

 

猫は待ち伏せをして獲物を狙う動物。
臭いがあると獲物に待ち伏せしているのが、バレてしまいますから、
常に毛づくろい(グルーミング)をして体を清潔に保ち、臭いがない状態にしているのです。

 

また、体臭というと汗が大きく関係するのですが、猫は汗をかきませんので、
それが臭うということもありません。

 

でも、猫はいろいろなところに体を擦りつけて自分の臭いをつけてるっていうじゃないか?
そう思う人もいるかと思います。

 

ただこれは通常人間には分からないもの。
少なくとも常にクサイと感じるものではないようですね。

 

もちろん、トイレから出てきたばかりだったり、外に出かけて帰ってきたばかりのときは汚れて臭うことはありますが、猫はすぐに自分の体を掃除して綺麗にしてしまいますから、その後はすぐに臭いはなくなるはず。

 

あまりに汚れがひどい場合は、猫用のシャンプーで洗ってあげましょう。
さすがに綺麗好きの猫でも、体中が汚れていると綺麗にするのには時間がかかりますからね。

 

もし上記のようなことではなくて、猫の体が臭いと感じたなら、
それはどこかケガして化膿していたり、皮膚病や肝臓などの病気にかかっている可能性もあります。

 

また、病気とは違うのかもしれませんが、肛門腺が詰まっている場合も多いようですね。

 

いずれにせよ素人が見ても分からないことが多いですので、
病院に連れていってあげたほうがいいでしょう。

 

体臭がほとんどないはずの猫が臭うとなると何か異変がおきている可能性が高いかと思います。

 

 

もし猫の抜け毛にも困っているなら、こちらのレビューもチェック