QLOOKアクセス解析

猫 口臭

猫の口臭

人間と同じように、猫にも口臭があります。
猫は人間と違って、口臭を気にすることはないと思いますが、私達にとっては気になるもの。

 

そんな猫の口臭にもちゃんとした原因があるのです。
私達、人間の役目はそれをしっかりとチェックしてあげることですね。

 

猫の口臭の原因には「口の中の病気」と「内臓系の病気」があります。
ほとんどの場合は、虫歯・歯周病・歯肉炎などの
「口の中の病気」です。

 

特に屋外で生活している猫に多くみられ、
歯肉疾患の多くは不衛生な管理による殺菌の繁殖が原因です。

 

予防方法はいろいろありますが、まずは歯磨き。
歯に歯垢や歯石がつかないようにしましょう。
ついてしまっても獣医さんに見てもらい、歯石を超音波スケーラーで除去してもらうことも可能です。

 

ペットのお口の病気を予防するのに大切なのは、「プラーク・コントロール」です。
正しい歯磨き、正しい食生活により、歯茎の健康を取り戻すことです。人間と同じですね。

 

でも、歯磨きなんて嫌がって、なかなかさせてくれない猫が多いですよね。
そこで、最近は猫の口臭対策グッズがたくさん市販されていますので、スナック菓子タイプのものやゼリーを塗布するタイプのもの、歯磨き用のおもちゃなど、猫の性格や体調などを見て、その子にあったデンタルケアを選んであげるのがよいでしょう。

 

「口の中の病気」でない場合は、「内臓系の病気」が原因となっている可能性があります。
こうなると素人が見ただけでは分からない部分となりますし、なにか重大な病気だったら大変ですので、その際は、動物病院でしっかり検査をしてもらいましょう。

 

ペットの健康状態を把握する上で、口臭チェックは非常に大切。
定期的に動物病院などで、お口の状態を診てもらいましょう。

 

もし猫の抜け毛にも困っているなら、こちらのレビューもチェック